家庭用の防災用グッズリスト

防災グッズリスト

家族の3日分の食事

火を通さずそのまま食べられる保存食を、3日分家族の数だけ用意します。
今はパウチの防災食も売られていますから、まとめ買いしておきましょう。
ネットで買う以外にも、ふるさと納税で配っている地域もあります。
以前は静岡県の地域で防災食のふるさと納税がありました。

 

3日分の水

災害がおきて支援物資が届くまで3日かかるといわれています。
1人1日3リットルが必要です。
家族の人数分を用意しておきましょう。
3人家族では2ケースくらいは買っておく必要があります。

 

ソーラー式のLED照明

ソーラー式の照明は充電しておくと、1夜くらいは十分使えます。
ただし、曇りの日が続くと充電ができなくなるため注意が必要です。
電池式の懐中電灯も用意しておくと便利でしょう。

 

ティッシュ、トイレットペーパー

この2つは常に備蓄しておきたいグッズです。
数日程度の災害時ではなくなることはありませんが、長期にわたると入ってこなくなる可能性があります。
女性がいる場合はとくにトイレットペーパーは必要です。

 

セーターやジャケットなどの防寒具

温かい時期に災害が起きるとは限らないため、防寒着は必須です。
風を通さないウインドブレーカーがあると、屋外でも過ごせるでしょう。
室内でも十分な暖房がありませんから、上下のウインドブレーカーがあると便利です。

 

携帯ラジオ

持ち出し用とは別に、家庭用としても携帯ラジオが必要です。
ソーラータイプがあれば長時間ラジオを聞くことができます。
災害時の情報源はラジオくらいで、スマホやテレビからの情報は得られにくくなります。

 

ソーラー式充電器

スマホ用のソーラー式充電器は重要です。
自治体や携帯電話ショップでも充電させてくれますが、何時間も待つことを覚悟しなければなりません。
家族数人用として、大容量のバッテリーを買っておきましょう。

 

水入れボトル

断水すると水を汲みにいかなければなりません。
灯油用のポリタンクの1つを水専用にしておくと便利です。
女性の場合は16リットルくらいの小型のものを選ばないと、持ち上げることができません。
吸水用の袋はすぐになくなってしまうため、各自容器を準備してください。

 

自動車や自転車など移動手段

自動車があればいいのですが、ガソリンがなくなることを想定して自転車も必要です。
遠くまで水を取りに行く、食べ物を買いに行くときも必要になります。

 

現金

家庭用としても1万円程度は必要でしょう。
長期停電を想定して、食料を買うためのお金が必要となります。

 

ポータブルカセットコンロとガス

オール電化の家庭はもちろん、そうでない家庭もポータブルカセットコンロは必要です。
食に関わるため必ず用意しましょう。
災害がおきると必ずカセットコンロが売り切れてしまうため、事前に用意しなければなりません。
ガスも備蓄しておいてください。


持ち出し用の防災グッズリスト

防災グッズリスト

保険証のコピー

運転免許証、健康保険証など身分証明になる書類のコピーを入れておきます。
罹災証明書の発行にも必要となってきます。
健康保険証のコピーがあれば、病院を受診しやすいでしょう。

 

親戚等の連絡先

親戚の連絡先をメモしたものを持ち歩くと、本人に意識がない場合は連絡してくれます。
スマホが使えないときのために、メモ書きで持ち歩きましょう。

 

ホイッスル

建物の下敷きになったときに使えます。
長時間叫び続けることはできませんが、ホイッスルなら少ない体力で使い続けられるため便利です。

 

軍手

がれきを撤去するときに手を怪我する可能性があるため、軍手を入れておきましょう。

 

チョコレートや飴

持ち出し用の防災グッズは、軽くて一時的な空腹をしのげる食料を選びます。
チョコレートや飴なら、携帯性が良いでしょう。
どちらも夏で溶けてしまう恐れがあるため、定期的に取り替える必要があります。

 

500mlのペットボトル

持ち出し用リュックには500mlのペットボトルを入れておきます。
水が入っていることがベストですが、長期間交換していなければ容器だけでも使えるでしょう。
断水していても、近くの公園で水をくむことができる場合があります。

 

懐中電灯

できればソーラータイプの懐中電灯がおススメです。
LEDの電磁式小型懐中電灯も用意しておきましょう。
スマホのライトが照明として使えますが、災害情報を聞くほうに優先したいため、災害時にスマホをライトとして使える時間は限られます。

 

小型ラジオ

電磁式でもいいので小型のラジオを入れておきましょう。
停電になるとネット環境が悪くなり、情報収集ができません。

 

小銭

災害時にはATMは空いておらず、クレジットカードや電子マネーが使えません。
数千円程度入れておくと、コンビニで物が買えるでしょう。
災害時に公衆電話は無料で使えるため、10円玉硬貨は必要ないかもしれません。

 

持病の薬

持病をお持ちの方は、持ち出し用に薬を入れておきましょう。
ホコリが多くなるため、気管支が弱い方は注意が必要です。
マスクもセットで入れておいてください。

 

レインコート

防寒具代わりにもなります。
長時間歩いて帰宅しなければならない場合も想定し、雨に濡れない対策が必要です。

 

布ナプキン

市販の生理用ナプキンはかさばるので、繰り返し洗って使える布ナプキンが便利です。
普段から使い慣れておかないと、いざというときに使えません。


災害時にこれだけはないと困るリスト

防災グッズリスト

断水することを考えて、水は常にストックしておきましょう。
お風呂に水がためてある、温水器があるという場合でも、最悪の場合飲み水にできます。

 

食料品

停電になると冷蔵庫の電気が止まります。
普段から冷蔵のものはストックせず、冷凍にするようにしてください。
夏でも2~3日程度なら冷凍庫に入れた食品が腐りません。
災害時は生鮮食品が入ってこなくなるため、お肉、魚などを冷凍しておきましょう。

 

ライト

ライトがないとご飯も食べることができません。
ソーラータイプのライトは必ず家庭に1個は準備しましょう。

 

スマホ用ソーラー充電器

スマホがあるとライトとしても使えますし、情報収集もできます。
家族に連絡を頻繁に取ることとなるため、スマホの充電器はソーラータイプを準備してください。

 

ガスコンロ

ガスが使えなくなることも想定して、ガスコンロは必須アイテムです。
電池、ガスコンロ、照明この3点は災害時にすぐになくなります。